予防薬を利用しよう

two dogs

犬や猫といったペットや動物のみに感染または発症する病気として、フィラリアというものがあります。この病気に対する注意点として、出来るだけ発症前に予防薬の投与をするということが重要となっています。フィラリアという病気が発症すると、それによって肝臓や心臓といった臓器に異変が起きてしまうことがあります。命に関わる症状に進展することもあるため、発症する前に予防することがポイントです。この病気は蚊の発生と同時に犬や猫に感染するので、夏の時期にフィラリア予防薬を投与する必要があります。動物病院や個人輸入をしている業者から薬の購入が出来るため、気温が上昇したら出来るだけ早く犬や猫に薬を使用することがポイントとなります。

蚊に犬や猫が刺されることでフィラリアという病気が発症することがありますが、日本や世界各国では予防薬が販売されています。ペットショップや動物病院を始め、個人輸入代行業者からでもフィラリア予防薬を注文することが出来ます。飼い主の環境によって色んな方法で注文出来るほか、蚊が発生する前にペットに投与すると高い確率で予防することが可能です。フィラリア予防薬は1ヶ月に1回の感覚で投与すれば良いため、長くても5月から10月くらいまで使用し続ければ予防することが出来ます。また投与方法もとても簡単なので、薬に関する知識が無い方でも問題ないです。このように簡単に購入及び投与することが出来るため、日本国内における需要は減少しないと予測されています。